IHCWAYの先生の声。IHCWAYは1時間2000円の英会話スクールです。日常英会話から実践的なビジネス英語まで細やかに指導します。
先生の声

1/1

マンツーマン英会話のジョーダン先生(アメリカ)

主なレッスンエリア
新宿や渋谷、東京など山手線エリアのカフェでマンツーマンで教えています。
紹介
ジョーダン先生からのメッセージです。

「IHCWAYのゴールが、生徒の英語力を、短期間で、大幅に上げさせることだと知りました。

私は、自分の学業及びキャリアのゴールに達する準備として、またIHCWAYの評価を上げるため、という両方の目的のために、IHCWAYで先生になりたいと思いました。

以下に、なぜ私が良い先生になれるのか、また自分の学業や職業としての目標などと、私の英語教師としての経験を簡単に説明します。

私のボランテイア英語教師としての経験は2010年に始まります。2年間、日本でボランティアをするチャンスを得て、毎週、英語を無料で教えました。個人的にも何百人もの生徒をグループやマンツーマンで教えました。

生徒の年齢は子供からお年寄りまででした。既定のテキストや、生徒自身が使いたいといった教材を使いました。

特に私は、生徒と個別に目的を決められる1対1の授業が好きで、ともにゴールに達するのことを経験しました。

また、私は大学受験や英検テストの準備の生徒を教えるのに優れていると思います。

2011年に、大学受験に失敗した3人の高校生を教えました。私たちは塾の教科書や、私の用意した教材を使って一生懸命勉強しました。
彼ら3人の学生はみな翌年に合格し、そのうちふたりは千葉大学と目白大学に通っています。

これらの経験は、生徒の英語理解に対する、私の深い関わりを表すものだと思います。そして、彼らの成功がいかに私にとって大切かということを。

自分の専攻と同じ分野のボランティアを行いながら日本に住むという経験は、日本留学で一般的な、英語教育と関係ない専攻で卒業するよりも、教師になるにあたって、私をさらに資格に近づけるものでした。

私は今、新宿の日本語学校にも通っています。私の学歴と職歴において目指すゴールは日本社会の一員として、効果的にかつプロ的に機能できることを中心に展開しています。

現在、留学先の大学では、日本語とコミュニケーション学のダブル・メジャーです。そのあとは日本の大学院を卒業したいです。
そして言語学や国際関係などを教えられる、日本の大学の教授になりたいと頑張っています。

また、英語でも日本語でも教えられるようになるためにも頑張っています。私は人々を助け、一緒に力を合わせられる教育の世界が好きです。それこそ、私が、今、そして将来も、教授法におけるキャリアを追求したい理由です。

私は初めての人と会ったり、一緒に働いたりすることには、恥ずかしくもないし、あまり、遠慮もしません。

IHCWAYで教えることにより、私は単に雇われ先生として直接の経験を積むだけでなく、日本での留学生として、私の学業とライフスタイルを、より大きくサポートできるようになるでしょう。

また、生徒に対してはIHCWAYを通じて英語を学ぶ楽しい経験をさせてあげられると思います。」


Given IHCWAY's goal of helping students increase in English proficiency, I desire to work at IHCWAY as a means for both preparing myself for achieving my educational and career goals, and help build a good reputation for IHCWAY as a solid source for quality English education.
The following demonstrates how I am a good candidate for this position through a brief description of my experience as an English teacher as well as my educational and occupational goals.
My experience as a volunteer English teacher began in 2010.
I had the opportunity to serve for two years in Japan as a volunteer.
I taught free English conversation courses every week.
I personally taught hundreds of students in both group settings and one on one.
My students ranged from young children to elderly adults.
I taught from textbooks provided by my management and also from materials that students suggested and wanted to use.
I particularly enjoyed one on one teaching settings where I could set goals with students, and together see those goals be accomplished.
I particularly excelled in teaching individuals who were preparing for college entrance exams and English proficiency tests. In 2011, I taught three high school students who failed their college entrance exams.
We studied hard using the text books from their cram schools and other materials which I provided. All three of those students passed their tests the following year, and two of them are currently students at Chiba University and Meijiro University.
However, I believe these experiences show my commitment to my students understanding of English, and just how important their success is to me. My experience living in Japan as a volunteer along with my general education degree make me more qualified for a teaching position than most typical college graduates in Japan with a degree in an field irrelevant to English education.
Currently as a Japanese language student at KCP International, my educational and career goals center around being able to function effectively and professionally as a member of Japanese society.
Currently I am working on a double major in Japanese and communications.
After that I will finish graduate school at a Japanese university. I am striving to become a university professor at a Japanese university, who can teaches courses in subjects such as linguistics and international relations.
I also am striving to be able to teach in either English or Japanese.
I love the world of education, helping and working with people. This is why I now, and in the future, want to pursue a career in teaching.
I have no shame nor reservations about meeting and working with new people on a regular basis. As an employee of IHCWAY I will not only be able to obtain first hand experience as an employed educator of language, but also be able to greater support my education and lifestyle as a student in Japan.
I will also be able to give the students I teach an enjoyable experience learning English through IHCWAY.

マンツーマン英会話、ドイツ語会話 Florian先生(ドイツ)

主なレッスンエリア
上野や西日暮里などの駅から近い、便利なカフェでレッスンしています。北千住なども応相談で可能です。
紹介
Florian先生は物理の研究者で、IHCWAYでは英語とドイツ語の教師をしています。
優秀ですが、気さくで、努力を惜しまない性格です。先生からの自己紹介と、素敵なメッセージが届いています。
「私は、今東京大学の博士課程におり、海外の研究者の調査グループで研究しています。
そこは、英語でコミュニケーションできるかどうかがいかに大事かを、いっそうはっきりと感じられる場です。
幸運なことに、私はイギリス、アメリカなど様々な外国に、中学生の時から縁があります。今では英語は完全なネイティブスピーカーだと、いつも周りに思われているほどです。
私の趣味はスポーツ、武道、映画・音楽鑑賞、文学、政治経済などです。ですので、このうち、どんなことでも気軽に話してください。
私は、ぜひ、皆さんの英語の上達をお手伝いし、海外のさまざまな人々と会話する喜びを経験してもらい、人生で成功を収めていただきたいと思います!」

英語
I’m currently a Ph.D. student at Todai, working in an international research group, where it became more and more obvious how important it is to be able to communicate in English.
Luckily, I’ve been in touch with people from the UK, the USA and a variety of other countries ever since junior high school and, by now, tend to get mistaken for a native speaker every time.
My hobbies include sports, martial arts, movies, music, literature, politics and economy, so feel free to talk to me about any of them.
I’d love the help you improve your English and experience the joy of being able to talk to a wide variety of people and succeed in life!

ドイツ語
Ich bin momentan Doktorand an der Universitat Tokyo (Todai) und forsche dort als Teil einer internationalen Gruppe.
Dort wurde es mir umso klarer, wie wichtig es ist sich mit Personen verschiedener Nationalitaten verstandigen zu konnen.
Ich selbst bin seit meiner Schulzeit taglich in Kontakt mit Bekannten aus den vereinigten Konigreichen, den USA und anderen Landern.
Ich Interessiere mich unter Anderem fur Sport, Kampfkunst, Filme, Musik, Literatur, Politik und Wirtschaft.
Schon in Deutschland habe ich Japanern Deutsch beigebracht und wurde mich freuen, wenn ich auch hier in Japan wieder Menschen die Moglichkeit bieten konnte, ihre sprachlichen Fahigkeiten zu verbessern und mit mehr Leuten ins Gesprach kommen zu konnen.
1/1